最短で難関国家資格(一陸技)に合格するための過去問 解説【無線工学B】



こんにちは。クロマッキーです。


前記事の「無線工学A」の解説に引き続き、本日は「無線工学B」の過去問を解説していきます。


この記事からご覧になる方のためにおさらいです。


本記事では「最短で一陸技に合格するための過去問の解説」をしています。


これから解説する内容は、あくまで最短で合格するための解説であり、具体的な問題に対する解説はしておりませんのでご注意ください。


以前の記事で「一陸技の問題は3パターンに分類できる」とご紹介しました。


今回はその内容に基づいて、各問題をパターン分けしていきたいと思います。


前記事を見ていない方は、先に前記事をご覧ください。




一陸技の問題 3パターン (おさらい)


一陸技の問題は以下3パターンに分類できます。

【1.丸暗記で解ける問題】
原理が決まっていて、変わることは無いため、どの組み合わせが解答かさえ暗記してしまえばそのまま同じ問題が出るパターン

【2.計算問題】

計算問題、数値が変わるパターン。
問題を見て、公式が頭に思い浮かぶようにしておくことで解答が可能。

【3.選択肢がやや変わる問題】
選択肢が年によって微妙に変化するパターン
解答の内容をすべて暗記しておくことで解答が可能。

過去問解説 (H30.7)

f:id:battle_pianist:20190718204042p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
ほぼ同じ問題が出るので、丸暗記で解答可能です。
試験によってはAの選択肢が「rot」や「div」になっている場合がありますので、外積(×)がrot、内積(・)がdivということも覚えておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204049p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204055p:plain

【2.計算問題】
各パラメータの値が試験により変化しますので、公式とlogの計算、電波伝搬の計算方法を暗記することで解答が可能です。
L = ( ( 4 x π x d ) / λ )^2

f:id:battle_pianist:20190718204100p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204106p:plain

【2.計算問題】

各パラメータの値が試験によって異なりますので、公式とlogの計算方法を暗記しましょう。
G = (4 x π x A x η) / λ^2, c = f x λ

f:id:battle_pianist:20190718204109p:plain

【2.計算問題】
各パラメータの値が試験によって異なりますので、公式を暗記しましょう。
R = ( V x ( I – Γ )) / ( I x ( I + Γ )) , Γ = (S-1) / (S+1)

f:id:battle_pianist:20190718204112p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
Aは丸暗記で解答可能です。B、Cは「小さくなる」「大きくなる」「薄くなる」「暑くなる」が試験によって異なりますので、1~3の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204117p:plain

【2.計算問題】
各パラメータの値が試験によって異なりますので、公式とlogの計算方法を暗記しましょう。
138 x log (b/a) = 120π x d / W

f:id:battle_pianist:20190718204123p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なりますので、1~5の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204128p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なりますので、1~5の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204133p:plain

【2.計算問題】
各パラメータの値が試験によって異なりますので、公式とlogの計算方法を暗記しましょう。
Z = -j x 471 x cot ((2 x π x l ) / λ ) = 2 x π x f x L

f:id:battle_pianist:20190718204136p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
原理は変わらないため、丸暗記で解答可能ですが、試験によって空白の場所が変わる場合や、B系問題の「5つの穴埋め」として出題される場合があるため、複数の虫食いパターンの解答を暗記しましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204142p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204146p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なりますので、1~5の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204151p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なりますので、1~5の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204156p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なりますので、1~5の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204202p:plain

【2.計算問題】
Aは暗記問題なのでそのまま暗記しましょう。
BはAの公式をもとに値を代入することで解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204208p:plain

【2.計算問題】
試験によってインピーダンスの値が変わります。
それぞれのインピーダンスを掛け算して平方根をとるだけなので容易に解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204212p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なります。
類似の問題として、5択から誤りを選択する問題がありますので、そちらの問題の1~5の正解の文章を全て暗記しておけば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204216p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なります。
A-19同様に、類似の問題として、5択から誤りを選択する問題がありますので、そちらの問題の1~5の正解の文章を全て暗記しておけば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204220p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204226p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204230p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

f:id:battle_pianist:20190718204236p:plain

【3.選択肢がやや変わる問題】
試験によって誤っている場所が異なります。
1~5の正解の文章を全て暗記しておきましょう。

f:id:battle_pianist:20190718204240p:plain

【1.丸暗記で解ける問題】
このまま出ますので選択肢の組み合わせを暗記すれば解答可能です。

最後に

 

いかがでしたでしょうか。今回はH30.7の無線工学Bの問題を以下の3つに分類しました。

 

【1.丸暗記で解ける問題】= 図と選択肢の組み合わせを暗記

【2.計算問題】= 公式と回路の変形方法を暗記

【3.選択肢がやや変わる問題】= 解答のパターンを全部暗記

 

基本的には試験は暗記ですので、暗記するポイントを意識した上で重要なポイントだけを覚えるようにしよう!

 

短時間で効率的に暗記するコツは、以下記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

 

たった2ヶ月、1日90分の勉強で難関国家資格(一陸技)に合格した取って置きの勉強法。

 

一陸技は過去問を5年分解けるようにしておけば9割以上の正答率で合格することができる資格です。なので参考書でひたすら暗記しましょう!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です