電気通信主任技術者試験(伝送交換)の過去問を解説(伝送交換設備及び設備管理)



こんにちは。クロマッキーです。


本日は「伝送交換主任技術者試験の過去問を解説(伝送交換設備及び設備管理)」します。


中でも、私が受験し合格した、平成31年度の7月の伝送交換設備及び設備管理の問題を解答していきたいと思います。


短時間の勉強で合格するためのコツを掴んで、短時間で効率的に合格しましょう!

伝送交換主任技術者試験の過去問を解説(伝送交換設備及び設備管理)



伝送交換設備及び設備管理の問題は、以下の2パターンで成り立っています。


95%が暗記問題
5%が稼働率に関する計算問題



5%出題される稼働率に関する計算問題は、公式と解き方を暗記することで解答可能です。

一方、95%の暗記問題は、過去問を6年分(12回分)を全て暗記することで90%を解答することが可能です。


つまり、過去問を6年分(H25-H30の12回分)を全て暗記することで、90%以上は正解することが可能です。


実際に私は、過去問を5.5年分(11回分)を全て暗記し、90%の正答率で合格することができました。


それでは早速、平成31年度7月の試験をみていきます。

解説


穴埋め問題です。

平成25年度 第1回で類似の問題が出題されました。

出題形式は選択問題ではなく、正解を問う問題で出題されましたが、問題の文章を暗記していることで、穴埋め問題としても解くことが可能です。


誤りを問う問題です。

平成27年度 第2回で類似の問題は出題されていますが、内容が異なる問題です。
一部の選択肢は過去問でそのまま出題されていますが、一部の選択肢は過去問で出題されていませんので、初見の場合は解くのが難しい問題です。

×位相変調方式、○振幅変調方式 が正解です。


誤りを問う問題です。

平成27年度 第2回で出題された問題です。

×小型化にできる、○小型化しにくい が正解です。


正解と問う問題です。

過去に類似の問題は出題されていますが、内容が異なる問題です。

しかし、H26 第一回に穴埋め問題としてGE-PONの速度を問う問題が出題されているため、GE-PONの下り速度が1.24Gbps、G-PONの下り速度が2.48Gbpsということを覚えていれば解くことが可能です。

×約2倍、○約1/2倍 が正解です。


誤りを問う問題です。

平成28年度 第1回で同じ問題が出題されています。

×下り信号、○上り信号 が正解です。


穴埋め問題です。

平成26年度 第2回に全く同じ問題が出題されています。


丸暗記で解答可能です。


正解を問う問題です。

平成26年度 第2回で類似の問題が出題されています。

① ×使用可能な周波数帯域を分割、○1つの周波数を時間で分割
② ×1つの周波数を時間で分割、○使用可能な周波数帯域を分割
③ ×CDMA、○SDMA


誤りを問う問題です。

平成26年度 第2回で類似の問題が出題されています。

×周波数ホッピング[FH]、○DS[ダイレクトシーケンス]


正解を問う問題です。

平成27年度 第1回にほぼ同じ問題が出題されています。

A ×インバータ、○コンバータ
B ×コンバータ、○インバータ


誤りを問う問題です。

平成27年度 第1回に類似の問題が出題されています。
一部の選択肢は過去問でそのまま出題されていますが、一部の選択肢は過去問で出題されていませんので、初見の場合は解くのが難しい問題です。


選択問題です。

平成26年度 第2回で全く同じ問題が出題されています。

丸暗記で解答可能です。


正解を問う問題です。

平成26年度 第2回で類似の問題が出題されていますが、12回分では解答が難しい問題です。

設備管理関連の用語は複数ありますので、過去問の解説を暗記することで解答が可能な問題です。


誤りを問う問題です。

平成26年度 第2回で類似の問題が出題されていますが、12回分では解答が難しい問題です。

× ダブルビン法


正解を問う問題です。

平成30年度 第2回で類似の問題が出題されています。

過去問集では、解説の中にPQCDSMの全ての意味が記載されていますので、過去問の勉強の中で暗記しましょう。

選択肢C
×完全性(Perfection)、○生産性 (Production)
×可動性 (Mobility)、○働きがい (Morale)


誤りを問う問題です。

平成30年度 第1回で類似の問題が出題されています。

解説の内容を理解しておくことで解答が可能です。


穴埋め問題です。

平成28年度 第2回で全く同じ問題が出題されています。

丸暗記で解答可能です。


誤りを問う問題です。

平成30年度 第2回で類似の問題が出ています。
試験関連の問題は数パターンありますので、整理して全て暗記しましょう。

×限界試験、○耐久性試験


誤りを問う問題です。

平成29年度 第2回で類似の問題が出ています。

×デバキング、○事前取り替え


計算問題です。

毎回出題される稼働率、故障率などを求める問題です。

以下の公式を暗記することで解答可能ですので、公式を暗記しましょう。

・故障率 = 1 / MTBF
・固有アベイラビリティ = MTBF / (MTBF + MTTR)
・信頼度 = e ^(-λt)


穴埋め問題です。

平成25年度 第2回で全く同じ問題が出題されています。

丸暗記で解答可能な問題です。


誤りを問う問題です。

過去12回では出題されていない問題です。

(間違いの箇所は後日更新いたします)


誤りを問う問題です。

過去12回では出題されていない問題です。

(間違いの内容は後日更新いたします)


正解を問う問題です。

平成26年度 第1回で類似の問題が出題されています。

① ×公開鍵暗号、○共通鍵暗号
② ×公開鍵サーバ、○認証局
③ ×パスワードは使用できない、○パスワード認証、ワンタイムパスワード認証など使用できる


正解を問う問題です。

平成29年度 第2回で類似の問題が出題されています。

① ×できる、○できない
③ ×できない、○できる
④ ×WPA方式は、WEP方式と比較して、○WEP方式は、WPA方式と比較して

最後に


いかがでしたでしょうか?


冒頭でも述べたとおり、過去問12回分を学習することで、90%の正答率で合格することが可能です。


上記で説明したとおり、回によって内容が少し変わる場合があるので、選択肢の文章を暗記し、どの文章が正解かまでしっかり暗記しておきましょう!


私は以下の過去問集+1年分(インターネットの情報)で合格することができました。


今回ご紹介した方法を参考に、効率的に勉強してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です