タイで日本語は通じない?タイ旅行を満喫するために知っておくべき最低限の英語



こんにちは。クロマッキーです。


先日、タイのバンコクへ旅行に行ってきました。今日はその時の経験をもとに、


「タイで日本語が通じるか?」

「タイ旅行を満喫するために知っておくべき最低限の英語」をご紹介します。


これからタイへの旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイで日本語は通じない?



結論から言うと「タイで日本語は通じません。」


観光地であっても、寺院(ワット)やレストラン、ショップ、タクシー、トゥクトゥク、どこへ行っても日本語は通じません。


日系の高級ホテルであれば、日本人のスタッフが1名はいることが多いため、日本語でもOKです。


言語は、基本的にタイ語か英語で、英語のレベルは感覚的には以下です。
(個人的な感想です)


高級ホテル:ネイティブレベル
高級レストラン:ネイティブレベル
寺院 (有名):日常会話レベル
レストラン(観光地):日常会話レベル
ショップ:単語レベル
トゥクトゥク:単語レベル
タクシー:単語レベル


高級ホテルやレストランでは、ネイティブレベルの英語力で話しかけられます。


英語があまり出来ない方は、聞き取ることも、話すことも非常に困難だと思います。


そんな状況でも知っておくと使える、最低限の英会話のフレーズをご紹介します。

タイ旅行を満喫するために知っておくべき最低限の英語

基本フレーズ編

I’d like to ~ .



英会話初心者の方のために1つ魔法のフレーズをご紹介します。


それは「I’d like to ~(アイドライクトュー)」です。


これは、みなさんが中学校で習ったことのある「I want to~」=「~したい」を丁寧にしたフレーズです。


「I want to ~」は少し子供っぽうニュアンスがあり、子供の「あれ欲しい、これ欲しい」に近い印象を与えてしまいます。


ですので、ホテルなどでは「I’d like to~」を使うようにしましょう。


この「I’d like to~」は「I’d like to 動詞」とすることで何にでも応用することが出来ます。


例えば、

「チェックインをしたいです。」→「I’d like to check-in.」

「〇〇へ行きたい。」→「I’d like to go to 〇〇.」


このように、自分の要望を伝えたい時に利用可能なフレーズです。。

Can I have ~ .



もう1つ便利なフレーズが「Can I have ~ .(キャナイハブ)」です。


これは何かを購入したい場合に便利なフレーズです。


例えば、以下のように何かを購入する場合に活用できます。

「ワッフルを1つ頂けますか?」→「Can I have a Waffle?」

「これを1つ頂けますか?」→「 Can I have this one?」


非常に便利なフレーズなので、ぜひ活用してみてください。

ホテル編



「ホテルで使えるフレーズ」をご紹介します。


ホテルで英語を話すシチュエーション別に英語をご紹介します。


【チェックイン/チェックアウトする場合】
「チェックインしたいです。」→「I’d like to check-in.」
「チェックアウトしたいです。」→「I’d like to check-out.」
「名前は〇〇です。」→「My name is 〇〇.」
「予約番号は〇〇です。」→「My reservation number is 〇〇」

【チャックアウト後に荷物を預けておきたい場合】
「夜の9時までスーツケースを預かってもらうことは可能ですか?」
→「Is it possible to keep my suitcase until 9 pm?」

「Is it possible to ~?」で「〜することは可能でしょうか?」なので相手がしてくれるかどうかわからない(そういったサービスがあるかわからない)場合に便利なフレーズです。

【タクシーをホテルまで呼んで欲しい場合】
「タクシーを呼んでもらえますか?」→「Could you call a taxi for me ?」

【朝食について尋ねる】
「朝食は何時から何時までですか?」→「When is breakfast time?」
「朝食はどこで食べられますか?」→「Where can I have breakfast?」


これらのフレーズを知っておくことで、最低限の手続きが可能です!

寺院(ワット)/ショップ編



続いて「寺院やショップで使えるフレーズ」をご紹介します。


英語を話す機会は少ないですが、知っておくと便利なフレーズをご紹介します。


【寺院のチケットを購入する】
「チケットを2枚もらえますか?」→「Can I have two tickets?」

【ショップでものを購入する】
「これを1つください」→「I’ll take this one.」
「これはいくらですか?」→「How much is this?」
「高すぎる!」→「It’s too expensive.」


なぜかタイ人は「高い」と「いくら」という日本語を知ってることが多いです(笑)


ショップでは、「How much is this?」と聞くと「1500THB」と答えてきますが、「高い」と日本語で言うと、


「高い、いくら、いくら」と希望価格を聞いてきます。


基本的にタイの観光地では、値切られる前提で高めの価格に設定されていることが多いので、必ず値切るようにしましょう!

タクシー/トゥクトゥク編



最後にタクシーとトゥクトゥク編をご紹介します。


基本的にタクシーとトゥクトゥクの運転手は英語が話せません。
話せても単語レベルですので、こちらも単語レベルで話してもOKです。
(日本でもタクシーの運転手のほとんどが英語が話せないと同じ感じです)


【目的地を伝える】
「アイコンサイアムへ行きたい」→「I’d like to go to Icon Siam.」
「高速道路に乗っても良いです」→「You can get on the highway.」


長距離の移動では、高速道路に乗っても良いか?と聞かれる場合が多いので、事前に「You can get on the highway.」と伝えておくとスムーズです。

高速料金は料金所を通過する度に運転手に料金を渡す形になります。

ぼったくりに注意!



タクシーやトゥクトゥクは金額をふっかけてくる場合が多いです。


タイのタクシー料金は初乗りが1キロメートル35バーツ、以後360メートル毎に2バーツが加算されます。さらに、時速6km以下の渋滞時には2バーツ/分が別途加算されます。


高速道路を利用した場合は、料金所を通過する度に25バーツから75バーツの実費を支払います。


例えば、DMK空港からバンコク市内への移動であれば高速料金込みで400THB前後です。


ホテルが呼んでくれたタクシーであれば、ふっかけてくることはありませんが、道で拾ったタクシーはメーターを使用せずに「300THB、OK?」と固定金額を提示してくる場合があります。


その場合は「いいえ、メーターを動かしてもらえますか」→「No, could you turn on the meter, please?」と伝えましょう。


また、トゥクトゥクは、ほぼ100%ふっかけてきます。


相場は、以下です。


徒歩で10分位の距離 – 約30~40バーツ
徒歩で20分位の距離 – 約40~50バーツ
徒歩で30分位の距離 – 約50~70バーツ
それ以上の距離 – 約70バーツ以上
※雨が降っている日や渋滞が激しい時間帯は上記の金額よりも割り増しになることがあります。


10分程度の移動でも外国人観光客だとわかると「2人で400THBでどう?」と10倍の値段を要求してきます。


相場を理解した上で、しっかり値下げ交渉をしましょう!

おわりに



いかがでしたでしょうか?


本日は、「タイで日本語が通じるか?」

「タイ旅行を満喫するために知っておくべき最低限の英語」をご紹介しました。


今回ご紹介した英語フレーズを知っておくだけでも、海外旅行での不安がグッと減ること間違いなしです。


旅行でのトラブルやストレスを低減し、最大限楽しむためにも、是非参考にしてみてください!


絶対に身に付く英語の効率的な勉強法については以下記事でもまとめていますので、是非、この機会に習得してみてはいかがでしょうか?


参考記事:
たったの2ヶ月で英語が話せるようになった。英語コンサル「PROGRIT(プログリット)」で行った勉強法と成果をすべて公開。
【7日間無料】オンライン英会話で英語を身に付けたいならNative Campがオススメ【DMM英会話と比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です